AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRの感想

 レビューというほど大層なものではない“感想”です。
 f/4G、かねてから興味があったレンズなのでレンタルで使ってみました(マ●プレ●タルユーザー)。D600との組み合わせで。
 このときの写真がそうです。ちなみに全て絞り解放で撮ってます。


 大三元の中でもとりわけ神レンズと名高い(←少なくとも僕の中で)AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIの弟分という位置づけだと思いますが、f/2.8Gに比べるととにかく軽い! というのが第一印象でした。重量約半分ですからね。
 それでいて写りは十分素晴らしいし、AFは速い&外さないし(フォーカスリミッターを切った状態で)、VRはぴたっと止まるし、ボケの形も悪くない……絶対性能ではf/2.8Gに及ばないかも知れませんが、コストパフォーマンス的には全然アリだと思います。
 f/2.8Gは今が底値(最安19〜20万程度)だと思うので、f/4Gが11万弱まで下がってきたら更にお買い得感が出るのではないでしょうか?


 三脚使える環境なら本命はf/2.8Gなのかもしれませんが、手持ちであれば軽さ&VRの魅力がさらにマシマシかと。手持ち前提なら、本製品の弱点である三脚座が別売りという点もノーカンになります。
 あとf/2.8Gの最短撮影距離1.4mというのはけっこう不便なので、f/4Gの同1mはありがたい。加えてf/2.8Gなどと同様、ズームリングが手前にあるのも嬉しいです。ズームリングが先端側にあるやつ(ちょっとランクが下のズームに多い)だとフードを逆付けしたまま廻せないので、カバンから出してすぐ撮りたいとき不便なんですよね。


 基本的に屋外で使うレンズだと思いますが、ワンフェスのフィギュア撮りも試してみたいところです。
 ただま、F4通しなのでファインダーは若干暗いですね。暗い室内ではそれがネックになるかも。

広告を非表示にする